住宅&家具リペア匠人の他社との違い

他社との違い

住宅&家具リペアとは

100年以上前に製作されたアンティークを修復する技術を使用して、住宅の床や柱を取り替え・張り替えせずに、傷を補修するウッドリペア技術。住宅の木部や家具を補修する際にも、傷を修復してから、木目を丁寧に描き込んでオリジナルに限りなく近くなるよう仕上げます。

古い住宅の使い込んだ木部の風合いや質感といったものも意識して、周りに馴染ませるように施工しますので、仕上がりに違和感を感じさせません。最初から、傷が無かったかのような自然な仕上がりになります。

住宅&家具リペア匠人が優れているのは、オリジナルに限りなく近い色を作成する調色技術の高さ。色合いを再生する難しさから、これまで出来なかった木製品を修復・再生致します。

また、カケてしまった箇所の形を復元する造作技術にも優れており、専用の特殊なマテリアルを使用してオリジナルに近い形を再現。その上から、再塗装を施し、木目までを描き込んで仕上げます。大切にしたい、長く使い続けたいものを修復し、美しくよみがえらせます。 更にアルミサッシや樹脂サッシなどのサッシリペアも行っておりますので住宅の総合的なリペアが可能です。

様々な木部材に対応

床、柱の補修だけでなく、様々な木部のウッドリペアを手掛けることができるのが住宅&家具リペア匠人の特徴の1つ。柱や梁といった木製建材や椅子やテーブルをはじめとする家具、印刷合板、硬質レザー、木製の自動車のハンドルだけでなく、アルミサッシや門扉などのサッシリペア、陶磁器といったものまで補修することができます。

傷を補修した後に、その上から再塗装を施して仕上げますので、施工した跡が目立ちません。所定のトレーニングを受講し、その後もウッドリペア専門のインストラクターによる講習会に参加して最新の知識・技術を身に付けたスタッフが責任を持って施工致します。

使い込まれた風合いや質感といったものまで、しっかりと再現しますので、違和感のない仕上がりになります。

様々な角度から艶の調整などをおこないますので、どこに傷があるか分からなくなるくらい美しくよみがえります。様々な木部材に対応することができますので、引越し後の原状回復や、新築物件の施主検査前などに最適。お気軽にお近くの店舗にお電話下さい。

豊富な調色技術

住宅&家具リペア匠人の大きな特徴として挙げられるのは、その調色技術が優れていること。色合いを再現する難しさから、これまで出来なかった、椅子、テーブルの木部や住宅のフローリング、柱、階段などの、あらゆる木製品のウッドリペアが可能です。

木目が美しく、再現することが難しいと思われそうな、ダークレッドマホガニー、ライトブラウンマホガニー、ロックメイプル、ミディアムロックメイプル、ダークウォルナットなども、その美しさを再現。

オリジナルに限りなく近い色を作成し、木目を1つ1つ描き込んでいく筆さばきは、まさに職人芸と言えます。豊富な経験と知識を持ったスタッフが、何度も色を作り直しながら、使い込まれた風合いや質感といったものまでを再現します。

明るい色の木材から、黒っぽい色の木材まで、幅広いカラーを作成することができます。傷がついてしまった、思い出のある品を修復したい方は、お気軽にお近くの施工店にご相談下さい。

全国でリペアショップを展開

住宅&家具リペアは、住宅の木部、家具やサッシ補修をすることができる技術。その技術を持つ施工店は日本全国に展開してます。こちらのサイトから、お近くの店舗をお探し頂けますので、興味のある方は、下記「お近くのリペアショップを探す」をから次のページにお進みください。

都道府県別にカテゴリー分けされていますので、簡単に見付けて頂けると思います。また、キーワードから検索できる検索機能もありますので、そちらも、是非、ご利用下さい。

各店舗のページには、電話番号が掲載されていますので、そのままお申込み頂けます。

詳細は、お申込みの手順のページをご覧ください。店舗によっては、ホームページやブログを掲載しています。施工事例などが写真付きで見れるサイトもありますので、併せてご覧下さい。

お近くのリペアショップを検索